Marinedoor.com
  誰もが楽しくヨットに乗れるようにするサイト ヨットリンク集  ヨットに乗りたい人  仲間・クルー募集  マリン用品  ヨットの本  ヨットスクール etc.
   
MENU

ホーム
ヨットへアプローチ
ゲスト心得
船酔い対策
服装・持ち物
ヨット豆知識
ヨットの保険
FAQ
お問い合せ
Marinedoor.com
MAINCONTENTS

<<<ゲストの心得>>>

 ヨットは、他のスポーツと大きな違いがあります。
 それは、海上では決して”ギブアップ”できないということです。
 どんなことががあっても、港へ戻ってこなければなりません。

 ここで大事なのは、艇上での秩序であり、艇長の責務です。
 いくら遊びの世界であっても、命にかかわる事ですので、以下の内容については、「ゲストの心得」として充分に理解していただきますようお願いいたします。
 ホストは、決してプロとして、またサービス業として船に乗っているわけではありません。一般的なチャータークルーズや試乗会とは勝手が異なります。
 ここでは、ゲストとして参加する皆様に、最低限守っていただきたいルールが書かれています。
 ヨットの運行及びマリンレジャーを安全で楽しい物とするため、以下の項目を覚え守っていただきますようお願いいたします。


1.航海中は艇長の指示に従い行動する
 航海中とは出航から帰港までの間であり寄港は航海中とします。

2.自分の安全は自分で守る
 ライフジャケットは、艇長の指示がなくとも、自分から積極的に着用するようにしてください。いくら泳ぎが得意な方でも、沖で落水すれば溺れてしまいます。

3.操船は艇長の許可があった時だけ
 免許制度上においては、免許保持者が同乗していれば非保有者や初心者に操船は可能ですが、ゲストは船長が許可を出さない限り勝手に操船してはいけません。

4.航行中は無闇にデッキ上を歩行しない
 航行中はキャビン内及びデッキ上の徘徊行為は事故防止の為に艇長指示以外は慎みましょう。

5.キャビン内やボート備品は大切に扱う
 ボートはキャプテンの大事な財産です。汚したり壊すことは元より利用する機器及び備品の扱いには細心の注意を払いましょう。

6.航行中は見張りを行う
 航行中、艇長は四方に気を配ります。
 それでも見張りは足りませんのゲストの皆さんも見張りを手伝い、何か変化があればキャプテンに連絡します。

7.離着岸時の手順を把握し行動する
 離着岸作業は以外と忙しいものです。
 このため、作業の邪魔にならないような場所にいましょう。

8.帰港の後は礼儀正しく
 楽しく遊ばせてもらったボートと艇長にお礼を行いましょう。  
 このことにより、次回また気持ち良く遊ぶことができます。

9.喫煙ルールを厳守し特に給油中は厳禁
 喫煙者は携帯灰皿を持参し、無闇に海へ捨ててはなりません。
 また、喫煙するときには必ず許可を得るようにしましょう。

10.自己の健康管理を徹底する
 体長が悪い状態で乗船すると多くの場合事故に繋がります。
 最初から体長が悪い場合は無理して乗船しないこと。
 乗船中に健康状態に変化があった場合は速やかに船長に報告してください。

11.苦情・トラブル
 せっかくヨットに乗られても、しばしば次のような状況になることが考えられます。
・ 悪天候の中を帆走してビショビショになる。
・ 悪天候で一日中艇内に閉じこめられる。
・ 悪天候のため出港できない。
・ エンジン、帆、その他のトラブルで出港できない。
・ あるいは早々に航海を中止する。
・ 上記等の理由により帰港時間が大幅に遅れる。
・ ついに当日帰港できない。
 ヨットは自然を相手に、またエンジンなどの機械・道具も使うした団体スポーツで、思いがけないトラブルというのも発生します。
 ホストの方も、いろいろな工夫でゲストに楽しい船上生活を過ごしていただけるように、最善の努力をされるはずですので、この点ご留意ください。









SUBMENU

掲示板
各地のヨット(都道府県)
各地のヨット(abc)
ヨットクラブ・マリーナ
スクール・チャーター
船舶免許・ディーラー
マリンGOODS
マリンBOOKS
海外ショッピング
相互リンク申込フォーム
管理人のHP:COWBELL

MARINE GOODS



RECOMMEND

 

copyright 2006 © www.putipure.com